auto

Git を仕事とプライベートで使っている時に、うっかり違うユーザでコミットしてしまうことはありませんか? 私はあります。

そういった時、これまではコミットを取り消してユーザ情報を修正した後で再度コミットする、という方法をとっていました。

しかし、この間ユーザが違うことに気づかずに大量のコミットをしてしまいました。どうしようか悩んでいたところ、一括でユーザ情報を変更することができることを知りました。

以下のコマンドで変更ができます。

git filter-branch -f --env-filter \
"GIT_AUTHOR_NAME='(変更したい名前)'; \
GIT_AUTHOR_EMAIL='(変更したいメールアドレス)'; \
GIT_COMMITTER_NAME='(変更したい名前)'; \
GIT_COMMITTER_EMAIL='(変更したいメールアドレス)';" \
HEAD~5..HEAD

最後の HEAD~5..HEAD は変更する範囲を指定していますので、状況に応じて変更してください。

参考